東京メディカルライオンズクラブは、2014年11月、東京MINATO21ライオンズクラブとして発足しました。

 女性12名男性8名で結成しました。女性ならではの決め細やかな活動を目指しました。

 健康、医療、福祉、青少年育成を柱として、特に、子育て環境の整備、薬害、発達障害、老人医療など、現代医療の問題で困っている人たちへの支援活動を日々行うことを中心に活動していました。

 地域に根ざした活動をしたいと考え、中央区在住の小・中学校の児童、生徒、保護者を招待して健康や医療に関心を持ってもらい健全な青少年育成の一助となる講演会を定期的に行っています。

 障害者スポーツ大会やツリークライミング、日比谷公園盆踊り大会などキャビネットやリジョンのアクティビティーにも必ず参加しております。災害の復興支援や子供の貧困に対する取り組みも柱の一つです。

 5周年を機に、クラブ名を東京メディカルライオンズクラブに改称しました。今後はより一層、医療・健康・青少年育成に特化したクラブとして、奉仕活動に邁進していく所存です。

 志に賛同して入ってくださる正会員のみなさまをお待ちしております。

東京メディカルライオンズクラブ(Tokyo medical Lions Club)330A-2R-1Z

 会長:白川 太郎
 幹事:小林 眞理子
 会計:吉田 朝道